運動なんて簡単

運動なんて簡単!?

運動なんて簡単!と
思います。

 

 

運動なんて簡単だ!と
考えればいいんです。

 

 

敷居が高いことのように考えている人が
多すぎます。

 

 

健康寿命の問題が言われていますが
もっとたくさんの人に運動を続けて欲しいです。

 

 

スポーツクラブなんて行かなくても
運動できるんですよ。

 

 

月に数千円支払ってヨガ教室に通った
リベリーダンスに通ったりそんなことしなくても
いいんです・・・運動するにはお金がかかると
思っているならそれは違います。

 

 

もっと自分の近くにあるものに意識を
向けてみましょうね。

 

 

たとえば近所に公園があればそこへ行ってみましょう。

 

 

公園の中には多少なりとも遊具があると
思いますがそういう道具を使って運動できるんですよ。

 

 

炎天下の日に公園で運動は勧めませんが
早朝なら気持ちよく運動できます。

 

 

熱中症にならないように帽子をかぶって
自分の身は自分で守りましょう。

 

 

これさえできればお金をかけることなく
運動できるのです。

 

 

当たり前ですが自宅でも運動できるので
肩の力を抜きましょうね。

 

プール歩行は地味でも脇腹に効く!

 

焦らずマイペースで、それも苦しい程の負荷を
身体に感じず行える全身に効くトレーニングとして、
地味ながらも私が一番気に入っているのが
プールでの歩行運動。

 

 

主に市営の50メートルプールを利用し、1メートル前後の
水深にて腰以上まで水に浸かり、全身、特に
腰からお腹周りの筋肉の動きを意識しながら
水を掻き分けゆっくり進んでゆくのが通常のやり方です。

 

 

この方法の一番のメリットは当然、水の浮力で
足元への負担を減らしつつ動く事が出来るというものですが、
それに加え、脇腹を始め通常の運動や筋トレでは
中々刺激を与えられない部位の筋肉もフルに
動かす事となる為、それらの部位の引き締めにも
大変効果があるという点でしょう。

 

 

私自身脇腹の弛みの解消がこれまでの最大の
テーマだったのですが、通常の運動やトレーニングでは
イマイチ効果的な刺激が与えられなかったもの。

 

 

次第に逞しくなってゆく胸や二の腕に比べ、
脇腹だけがどうしても弛んだまま残ってしまい、
残念な体型の大きな原因となっていたのです。

 

 

最初は正直馬鹿にしていたプール運動でしたが、
2年前の夏に避暑の為屋内プールをスイミングで
利用した折に多くの人が歩行レーンで歩いている姿を見、
一転強い興味を持ったもの。

 

 

その後は週末ごとにプールに通い1時間みっちり
腰を捻りながら歩き、現在では摘まんでも
摘まめないかなり硬い脇腹を手に入れる事が出来たのです。